子犬の乳歯が抜けて来た!生後6ヶ月での歯の生え替わり状況

パンナの乳歯と永久歯 パンナの成長日記

こんにちは、コスケです( ´ ▽ ` )ノ

先日、パンナの口の中を触ったり、こじ開けたりするトレーニングをしていたときです。
ふと歯の状況を見てみると、何だか歯の生え方がいびつだなと感じました。

歯が2重に生えたりしているように見えたのです。
そこでよくよく口の中を見てみると、どうやら生え方が悪いというより、歯が生え替わってきているようです。

今回は、そんな生後半年のパンナの歯の生え替わり状況について記事にしてみたいと思います(`・∀・´)

スポンサーリンク

子犬パンナの歯の状況

最近、毎日ボディコントロールの一環としてパンナの口をかなりしつこく触っています。
徐々に慣らして時間を延ばしつつ、口をこじ開けて中をみたり。

パンナは特にマズル(口と鼻の部分)を捕まれるのが嫌みたいで、長時間触っているとすごく嫌がります。

でも、歯磨きするのにもある程度口付近は触れる必要はあるし、口を開けるのにも慣れなきゃいけない。

コスケが上手くマズルコントロールできれば良いのですが、その自信はないので怒り出す手前でやめて口の中を見たりとにかくどこを触られても大丈夫、何をされても大丈夫となるように徐々に出来ることを増やすようにしています。

その際にパンナの歯を見るということもしているのですが、歯が生え替わる途中で乳歯の奥から永久歯が生えつつありました。

パンナの乳歯と永久歯

う〜ん、ちゃんと生え替わっているのかな?
なんだか、乳歯が残ったまま奥から永久歯が生えていますね。

このまま上手く乳歯が抜けてくれれば良いのですが、2重に生えてきていて、これで大丈夫なのかコスケにわかりません。

犬歯はまだかな?
現在生後6ヶ月なので、これからドンドン生え替わるという感じでしょうか。

もし綺麗に抜けない場合、全身麻酔して抜くようですね。
妻の実家の犬も2頭いるんですがどっちも綺麗に抜けずに全身麻酔で抜いて貰ったそうです。

あと一ヶ月で生え替わりが進んでくれれば、避妊手術もありますし、その時残っているようなら一緒にやって貰うというのが良いでしょうか。

しかし、この永久歯で噛まれたら痛そうだな・・・( ̄▽ ̄;)
甘噛みも酷いので、子犬の今だけなら良いのですが将来噛まれると流血沙汰になりそうです。

パンナもどんどん大人になっていきますね。
今はまだ歯が綺麗ですが、生え替わったら毎日歯磨きもしたいところです。

犬の歯は、虫歯になることはほとんどないようですが、仕組み状歯垢はたまりやすく、歯周病にはなりやすいそうです。

なので、毎日歯磨きして歯石がつかないようにしないと、将来は歯がグラグラ、口臭がきついということになりそうです。

犬も長生きになってきていますから、歯磨き何とかできるようになるまで、徐々に口周りも自由に触れるようにしていきたいところです。

どこの犬も口や鼻触られるのは嫌なのでしょうが、パンナはその嫌がり方が酷いので、何とか上手に慣らしていきたいです。

以上、パンナの歯の生え替わり状況でした( ´ ▽ ` )ノ

コメント