知育トイの犬用ビジーバディワグルの使い方

知育トイビジーバディワグル 犬用グッズ

こんにちは、コスケです(`・∀・´)

先日も紹介しましたが、今日もリッチェルの知育トイを一つ紹介したいと思います。
その名もビジーバディワグル、フードを中に入れて考えながら取る用の知育トイです。

ゴムっぽい材質で出来ている製品で、中のフードが取りづらくなっているので、一生懸命あれこれ試しながらフードを食べるというもの。

かなり前に買ったものなんですが、せっかくなので使い方など含めて紹介しようと思います。
中のフードが少しずつ出てくるので、早食い対策にも良いかと思います。

スポンサーリンク

犬の知育トイビジーバディワグル

これが以前購入した知育トイ、ビジーバディワグルです。

知育トイビジーバディワグル

ダンベル型の知育トイで、両端の丸い部分にフードを入れて使います。
材質はゴムのようなもので出来てますね。

獣医師推奨と書かれてますので、悪いものではないかと思います。
パンナは小さいので超小型犬用を買いました。

構造は単純で両サイドに穴が開いていて、ここからフードを入れられるようになっています。

ビジーバディワグルの横穴

フードの入り口には、簡単に出てこないような工夫もしてあるので、少し持ち上げたり転がしたくらいでは全てのフードはでてきません。

ちょっとずつ出てくるようになっています。

犬の知育トイ使い方

使い方ですが、両端の丸い部分にフードを入れ、後は犬に遊ばせるだけ。
遊ばせるというか、中のフードを取り出すために、一生懸命色々試します。

これが頭脳の発達の良いとか何とか(`・ω・´)

転がしてみたり

知育トイを転がす犬

知育トイを持ち上げてみたり。

知育トイを持ち上げる犬

横の穴をほじってみたり。

知育トイをほじる犬

色々やりながら中のフードを取り出していきます。
何度もこれでフードをあげていると、そのうち効率の良い取り方をマスターするようで、最後は毎回おなじ取り出し方になります。

賢くなってるのかしら(`・∀・´)

知育トイビジーバディワグルを使ってみての感想

このビジーバディワグルは食べるのにそこそこ時間もかかりますし、早食い対策にも非常に良いと思います。

取り出すのにそこそこ時間がかかるのといっても3〜4分もせずに中のフードは食べきるので、早食い防止になるかなという程度で、コレを与えている間に家事が出来るほどではないですけどね。

中にフードを入れるのも、入り口が小さいので入れづらいですが、ネジを緩めたりする必要はなく、小さな穴にフードを詰め込むだけで簡単です。

2箇所に入れなきゃいけないという手間はあるものの、そこまで面倒なものでもありません。

めんどくさかったらどちらか一箇所に入れても良いわけですし、そのあたりは臨機応変にできるのかなと思います。

この手の知育トイは、中にフードを入れる手間がかかるものほど、犬もフードを取り出すのに手間がかかるので、これもそれに該当する製品かと思います。

どこかに一瞬でフードを詰めることが出来て、取り出すのにも時間がかかるものがあれば良いのですが、今のところ見つけられませんね。

以上、リッチェルの知育トイビジーバディワグルの紹介でした( ´ ▽ ` )ノ

コメント