避妊手術から1週間!抜糸と傷の具合

抜糸後の傷の状態 病院・健康・病気や事故

こんにちは、コスケです(`・∀・´)

パンナの避妊手術から1週間が経過し、先日ついに抜糸となりました。
この間、パンナにお腹を舐めさせないように苦労しましたが、ようやくそれも終わります。

しかし、1週間で開腹手術の傷が塞がるものなのでしょうかね。
傷の状態も気になります。

というわけで、今回は抜糸の様子と抜糸後の傷の状態などを記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

抜糸の時の話

抜糸に関してですが、抜糸と言っても糸を抜くわけじゃありません。
というのも、糸は勝手に溶けてなくなるようなのです。

なので、抜くのは針金?のようなもの。

手術後の写真を見て貰えばわかるように、傷の部分は縫い合わせていますが、その傷の部分が引っ張られて開いてしまわないように両側から針金のようなもので皮膚を寄せてます。

避妊手術の手術後の傷口

この針金?をとったのです。
ハサミでバツンと切ってすっと抜いて終わり。

1分ほどの出来事で、犬も痛がることはありませんでした。
糸自体は勝手になくなるので、後はほっといて大丈夫なようです。

ちなみに抜糸の料金は、手術代に含まれているようでかかりませんでした。
犬が痛がるんじゃないかとか色々心配しましたが、そんなことはありませんでした。

抜糸後の傷の具合

手術から1週間経過した抜糸後の傷はこうなりました。

抜糸後の傷の状態

すごいですね、1週間でほぼ治ってます。
もう傷がどこだったかもほとんどわかりませんね。

先生は大きな病院にまで行って手術をこなす腕利きの医者。
縫合なんかも得意なのでしょうか。

1週間でここまで傷が塞がるものなのですね。

まだむずがゆいのか傷をなめているので、一応防止に腹巻きだけしていますが、以前ほどお腹を気にする様子もないですし、何より元気です。

開腹手術というともっと回復に時間のかかるものだと思っていましたが、犬の治癒力素晴らしいですね。

今後は傷の心配などはないと思うので、一安心できそうです。
今までクレートに入れると、傷を舐め続けるのであまり入れておけませんでしたが、もうその心配もなくなりそうです。

以上、パンナの避妊手術から1週間、抜糸と傷の状態でした。

コメント