マルチーズのパンナが食糞しちゃう!止めさせ方など効果のあった方法

食糞するマルチーズのパンナ パンナの生活・しつけ

こんにちは、コスケです( ̄▽ ̄)

うちのマルチーズのパンナですが、食糞をしてしまいます。
わが家で迎えた3ヶ月の頃からすでにウンチを食べるクセがついていて、ウンチをするとパクッと・・・

清々しい顔していますが、普通にウンチ食べます(ノД`)
まぁ、食べても特に害はないようなのですが、その後ペロペロされるとぞっとします。

最初はごはんもあげてないのに何か食べてるんで、何だろうと不思議だったんですが。その後の口の中の臭いがウンチ臭いのですぐに分かります。

それにマルチーズって毛が白いので、ウンチ食べた後たまにカスが口の周りに付いてて、見た目でも分かることが・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

この食糞、なぜしてしまうのか、そして改善するにはどうしたら良いのか、わが家での対策などについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

マルチーズのパンナが食糞をする原因

食糞をしてしまう原因ですが、マルチーズに限らずどの犬も基本は一緒のようです。
大抵は同じ理由で食糞をしてしまうそうです。

主な3つの理由を説明します。

お腹が空いてる

まず一つ目はお腹が空いているということでしょう。
食事を食べてからしばらく経った位だと、お腹も空いてるし落ちている物は何でも食べちゃう犬も多いです。

お腹が空いてるとウンチでもなんでも食べちゃう子も多く、わが家の場合の理由の一つがこれですね。

お腹空いてる時間だと、積極的に食べに行きます( ̄▽ ̄;)

わが家の場合は食事が朝の6時と夕方の18時位。
ウンチは朝の5時前後と14時〜16時位にします。

ちょうどお腹が空いてるときなんで、出したらすぐ食べちゃう、そんな感じになってしまっています。

食事直後のウンチはそんなに食べないので、やはりお腹が空いてるというのは食べちゃう理由の一つです。

ウンチから良い匂いがする(らしい)

もう一つはウンチからいい匂いがするらしいです( ;´Д`)
コスケには嫌な臭いにしか感じませんが、犬にとっては良い匂いだとか。

特に、食べたフードによってウンチの匂いは変わるようなので、フードによってはウンチの匂いも良い感じで食べたくなるそうです。

あと、子犬は消化器科未発達で、きちんとフードも消化されないので、まだまだフードの美味しい匂いも残っているらしく、子犬の時期はどの犬もウンチは美味しい食べ物の匂いがするとか。

人間が嗅ぐ限りではくっさいウンチそのものなんですが、あれが美味しそうな匂いに感じるわけですから犬の嗅覚は恐ろしいです。

そんなこともあって、食べてしまうようなのです。

暇で食べてみたら悪くなかった(らしい)

ペットショップで販売されているワンちゃんって、狭いケースの中に入れられて基本暇です。
それに小さいので、好奇心旺盛で常に新しい楽しいことを探している状態。

そんな時に目の前に普段見ない黒い物体が落ちていたら、やはり興味津々になるようです。
そして暇だしちょっと匂いを嗅いでみると悪くないどころかちょっと良い匂いもする。

お腹も空いてるし食べてみよう!
食べてみても悪くない!

そんな感じで、定期的に供給されるウンチを最初は暇だから色々試してみて、食べてみると意外に悪くないから食べる習慣が付いちゃってるってこともあるようです。

ペットショップにいる犬にありがちなことのようで、こればかりはどうしようもないそうです。

まぁ、子犬って好奇心旺盛ですし、何でもチャレンジしようとするので、ウンチを食べても不思議ではないような気もします・・・

これが習慣となってしばらく食糞が続くというのは良くあることのようですね。
犬は基本同じことを何度も繰り返す動物ですから、こうした食糞行動がクセになっているわけですね。

食糞をさせない方法

ではこうした食糞をさせないようにするにはどうしたら良いのか。
もちろん、原因によって様々な方法があると思います。

いくつか効果があったと言われるもの、実際にコスケがやってみて効果のあったことなんかを紹介したいと思います。

サプリを使う

まず一つはサプリを使うという方法。
食糞を防ぐサプリってあって、ごはんにかけて食べさせることで、ウンチの匂いが変わって食べなくなるってことのようです。

コスケが使ったことあるのがこれ。

犬用サプリ

初回は価格も安いし試しに使ってみたんですが、確かにこれを使っている間は食糞ほとんどありませんでした。

やはり匂いが変わるってのが大きかったのか、ウンチをしてもそのままにいていることが多かったです。

もちろん、ずっと見ているわけではないので、気がつかないうちに食べてしまっていることもあるかもしれませんが、基本あんまり食糞はしなくなりました。

あと、腸内環境を整えてくれるというのも魅力的で、パンナの健康維持にも良いかなと思います。
これを食べていた期間は、ウンチの匂いもそんなに臭くないような印象がありますね。

もちろん無臭ではありませんが。

大体パンナの場合小型犬の中でも小さいので1ヶ月ほどで使い切ったんですが、食糞もほとんどしなくなったし、もう大丈夫かなと追加購入はしませんでした。

そしたら、最近また食べるように・・・
1ヶ月くらいで治るわけではなく、食糞癖が改善するまでは使い続けなきゃダメかなぁという感じですね。

フードを変える

もう一つの方法なんですが、フードを変えるという方法もあるみたいです。
わが家の場合はこれはいくらやってもダメでした。

3,4回フードを変えているんですが、基本何をあげてもウンチ食べちゃいます。

これもフードによってウンチの匂いが変わるようなので、そんなに食欲のわかないウンチの匂いになれば食べないのでしょうね。

まぁ、コスケにはどのウンチも同じように臭いのですけどね( ̄▽ ̄;)
食事を変えることで食糞がなくなったという人もいるのは事実なので、色々なフード試してみても良いかもしれません。

わが家のパンナの場合は、フードは健康に気を使いつつ身体にも合ったもの、そして価格的にも無理のないものを選んだので、そうなると候補は限られあんまり頻繁に変えることはできません。

なので、フードを変えるのなら食糞防止サプリ使った方が現実的なのかなぁという気もします。

フード候補が沢山あるときは、色々あげて様子を見ても良いかもしれません。
中には食糞をしなくなるフードもあるかもしれませんからね。

ウンチを食べる隙を与えない

これはわが家で今取り組んでいることなのですが、ウンチを食べる隙を与えないようにしています。
基本、ウンチした後に時間があるから食べちゃうわけです。

ウンチして、お腹空いたなぁとか、暇だなぁとなれば当然興味はウンチの方に。
なので、そうなる前にウンチしたら他の物で興味を惹くようにしています。

具体的にはフードですね。
わが家では、ウンチをしたらすぐフードを何粒かあげるようにしていて、ずっと続けているとウンチをした後ごはんちょうだいとすぐにコスケの所に向かってきてくれます。

なので、ウンチを食べる隙を与えず他に興味のあることをするというのも一つの方法かと思います。

これの問題点は、コスケが側にいないと食べちゃうということです。
コスケが側にいればウンチした後にごはんちょうだい!とすぐに来るんですが、いないと暇だったりお腹空いてたりするんでしょう、ペロッと食べてしまいます。

外出していて、犬を1日サークルに入れとくなんて時はこの方法での対策は難しいでしょうね。

苦いスプレーやサプリを使う

パンナには効果のなかった方法ですが、苦いスプレーやサプリを使うという方法もあります。

食べたら苦い味のするスプレーなどがあります。
甘噛み防止のものですね。

ウンチをしたらそれに吹き付けて、ウンチは苦くて美味しくないものだと教えるというのも一つの方法です。

苦い味のするサプリもあって、そっちは食べるとウンチの味が苦くなるので、ウンチを食べても美味しくないと教えることができます。

これで、ウンチを食べなくなるという物のハズなんですが・・・このサプリはパンナにはあんまり効果なかったですね。

なぜか分かりませんが平気で食べてました( ;´Д`)
スプレーに関しては毎回吹き付けるのは無理だし、なかなか難しいところです。

しつけで食べさせないようにする

もう一つ良い方法というか、根本的に改善するための方法があります。
それがしつけ。

ウンチを食べようとしたらダメだとしっかり教える。
きちんと犬と人間の間に信頼関係ができていて、飼い主の言うことを守れるわんちゃんなら、これで食べないようにはなるハズなんですが、いかんせんタイミングが難しいです。

何度もウンチを食べようとした際にしっかりダメだというのを教えなきゃいけません。
そのタイミングに立ち会うのがそもそも難しいので、誰にでもできる方法じゃないし正直難しいです。

成長と共に食糞が無くなることもある

もう一つは対策や改善法ってワケではないのですが、犬によっては成長と共に食糞がなくなる子もいるようです。

単純に大人になってウンチなどの物に興味を示さなくなる場合もあるし、消化器が成長してしっかり食べたもを分解することで良い匂いを出さないウンチがでるようになるってこともあるようです。

なので、ある程度成長を待つってのも一つの方法かと思います。

叱ってもあんまり意味はない

たまにウンチを食べたからと叱る飼い主さんもいるようですが、ウンチ食べたからと言って叱ってもあまり意味はないようです。

なぜなら、犬は人間と違ってなぜ叱られたのか理解できないからです。

もし叱るなら、食糞を今まさにしているその瞬間。
そもそもそんなタイミングで居合わせることはまずありませんが、その瞬間に居合わせたのなら叱ることにも意味があるようです。

しかし、そうじゃないのなら意味がないので、あんまり食糞の対策として叱るというのは意味はなさそうです。

結局食糞する犬にはどう対処すれば良いの?

色々書きましたが、じゃあどうすれば良いんだって話ですよね。
コスケが散々やってみた結論ですが、まずは食糞癖を付けないことです。

犬は習慣化する生き物ですから、ウンチをしたら食べるというのが習慣化すると、大人になっても食べ続けるようです。

食糞に限らず、かみ癖とかトイレとかでもそうですが、ずっと続けていることは習慣化しちゃう生き物のようなので、まずは食糞する機会を少しでも減らし習慣化しないようにすること。

そのために苦いスプレーやサプリを使っても良いし、紹介した食糞を防ぐ健康サプリなんかを使っても良いと思います。

もちろんフードを変えることで食糞がなくなるのならそれでもオッケー。
同時に、可能であればしつけや他のことに興味を持たせ、ウンチした後に食べる隙を無くす。

これも結果的に食糞を習慣化させないことに繋がります。

そして後は成長を待つ。
成長にするに従って、好奇心は薄れウンチへの興味も無くなるでしょうし、消化器も成長してウンチの魅力も半減、段々食べなくなっていくと思います。

わが家で行っているのは、それ以外だとあんまり空腹にしないことくらいです。
お腹が空いてるとやはり食べるので、フードはある程度小分けにあげる、おやつをあげるなどの方法で空腹で何でも食べたくなるような状態にならないようにしています。

これのおかげで本当に食糞する機会は成長と共に減っていて、今のところほとんど食べなくなっています。

ただ、気を抜くと食べることもあるので、見てあげられないときはサプリを使ったり、見ていられてるときは食べないようにウンチ後に気を引いたり。

しばらく続ければ、そのうちウンチに興味も無くなるかなと言う感じです。
以前は、ウンチしたらすぐ食べようとしていましたが、今はコスケがいればウンチしたらすぐにごはんちょうだい!とこっちに向かってきますし、食糞はグッと収まったように思います。

以上、わが家のマルチーズ、パンナの食糞対策でした。

コメント