マルチーズのパンナは無駄吠え結構します!原因と対策を考えてみた

吠えてるマルチーズ パンナの生活・しつけ

こんにちは、コスケです( ´ ▽ ` )ノ

わが家の愛犬マルチーズのパンナですが、結構吠えます。
むやみやたらに吠えるというわけではないのですが、家の外を見ては吠えたり、気にくわないことがあるとたま〜にですが吠えたり、いわゆる無駄吠えなんて呼ばれるものがあります。

今回は、そんなわが家の愛犬パンナの無駄吠えと、その原因や対策について記事にしてみたいと思います。

そもそもマルチーズはそれなりに吠えると言われる犬種らしく、無駄吠えも普通にあるようです。

なぜ無駄吠えしてしまうのか、対策にはどうしたらいいのか、そのあたり8ヶ月ほど一緒に暮らしてみて感じたことをまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

マルチーズのパンナが無駄吠えする原因と理由

まず無駄吠えの原因ですが、いくつかあります。

そもそも無駄吠えなんて言われますが、犬は自然の生活の中で無駄に吠えるなんてことは無いと言われています。

つまり人間にとっては無駄吠えでも、犬には何か意味があって吠えているわけです。
そして代表的な無駄吠えが以下の2つだと言われています。

  • 要求吠え
  • 警戒吠え

それぞれどんな状況での無駄吠えなのか、具体的にまとめてみました。

要求吠え

要求吠えというのは、いわゆる飼い主に何かして欲しくて吠える、要求を伝えるために吠えるというもの。

サークルから出せ!と吠えるのもこれに含まれます。
あれが欲しい、こうして欲しい、そんな要求をする際に吠えるというものもです。

で、じつはこの要求吠えは犬の本能に元々備わったものではなく、後天的に覚えたものです。

つまり、吠えることで飼い主がサークルから出してあげる、吠えたからおやつをあげる、こんなことを繰り返すうちに、犬は吠えると要求を叶えて貰えると理解して、何かある度に吠えるようになります。

飼い主が吠えるようにしつけちゃったというわけです。
吠えたときは絶対犬の要求を叶えてはいけないというのは、犬がそれを覚えちゃうからです。

うちのパンナは要求吠えはありません。
コスケは吠えても一切犬の要望は叶えませんでしたからね( ̄▽ ̄;)

その代わり、おやつをあげたり、クレートからだしたりするときは必ずオスワリやフセをさせてから出すようにしています。

なので、うちのパンナは何か欲しい物があったり、して欲しいことがあるとじっとこっちをみて、まだかまだかとちょこんと座って待ってます。

かわいいっす(´∀`=)

警戒吠え

もう一つの無駄吠えといわれるものが警戒吠え。
窓の外に人がいたり、玄関のチャイムが鳴ったときに吠えるなど、家族以外の人が近づいて来たときに吠えるのがこっちです。

これは犬に元々備わった本能です。
外敵や知らない生き物が縄張りや自分の仲間に近づいて来たときに、吠えて外敵の侵入を仲間に知らせたり、相手を威嚇して追い払うために吠えてるようです。

つまり、ワンワンうるさい犬も、犬にしてみれば、一生懸命吠えて家族を守ろう、外敵を追い払おうとしているわけです。

そう考えると、なんかけなげで可愛いく感じます(`・ω・´)

マルチーズのパンナはこの警戒吠えが多いです。
特別マルチーズに多いというわけではないようですが、犬全般こうした特性を持っているようですからね。

窓の外を人が通ったり、他の犬なんかがいるとすぐ吠えちゃいます。

これは本能なので、何もしなければよほどビビリの子以外は基本吠えるものですから、改善は簡単ではないようですね。

無駄吠え対策!吠えるのを止めさせ改善する方法

さて、こうした無駄吠えを止めさせる方法ですが、一応プロのドッグトレーナーから方法を教わりました。

当然要求吠えなのか、警戒吠えなのかで方法は違います。

要求吠えの改善方法

まず要求吠えの改善方法ですが、これは飼い主が犬が吠えたときに要求を叶え続けた結果覚えてしまったものです。

改善するには、吠えても一切要求を叶えないという方法しかありません。
サークルから出せとワンワン吠えても無視、ご飯をクレとワンワン吠えても無視。

徹底的に無視することで、吠えても要求はかなわないんだと犬は理解し、そのうち吠える頻度も減ってくるということでした。

そもそも、吠えても要求を叶えないように、吠えたらかなうと思わせないのが一番なんですが、もしそういうクセが付いてしまったいるのなら、吠えても要求はかなわないと改めて教える必要があります。

この際に、途中吠えるのが激しくなることもあるようです。

吠えてもかなわないならもっと沢山吠えれば聞いて貰えるかもと犬も思うようで、一時的に悪化するように見えるのですが、それを越えると諦めて吠えなくなるようなので、根気よく吠えてるときは声も掛けずに一切反応しないように徹底的に無視するというのが一番良い改善方法とのことです。

警戒吠えの改善方法

もう一つの警戒吠えの改善方法ですが、こっちはなかなか難しいようです。
というのも、そもそも犬が持っている本能なので、本能を抑えるようにしつけをしなきゃいけません。

玄関チャイムで吠える場合は、チャイムが鳴ると知らない人が来ると犬が分かっているから吠えています。

なので、家族に協力して貰いながら、玄関チャイム=家族が帰ってくるということを犬に教えていくのが良いと思います。

ピンポンと鳴らして入ってくるのは家族と繰り返せば、いずれ吠えなくなると思います。
それでも吠える場合は、オスワリやフセなどで座らせて、吠えないようにしつける。

これは、窓の外の人などに吠える場合も同じで、吠えたらしっかり犬にNoと理解させるのが良さそうです。

リードなんかを使って、吠えたら少し引っ張ってダメ!というと、犬はそれが良くないことだと理解できますし、吠えるのを止めて大人しく座ったらご褒美のおやつと沢山褒めてあげる。

駄目なことと、正解の行動を一緒に教えていくことで、犬もこれはダメだけどこれは褒めて貰えると理解しやすくなります。

警戒吠えは、こうした方法で根気よく教えていくしかないようです。
わが家のパンナも、この方法でやろうと思うのですが、なかなか時間がとれず・・・( ̄▽ ̄;)

しつけには時間も労力も使いますからね。
それとうちの場合は戸建てで周りに家がないという環境もあって、さほど迷惑にもなっていないのですよね。

むしろ泥棒やのぞき&田舎なので害獣対策などに、パンナの吠えるというのはむしろ役立っているのかなと思うことも多々ありますので、積極的にしつけようとも今のところは思っていません。

玄関チャイムだけはしっかり小さい頃から吠えないように教えたので、吠えるのは窓から人間や他の動物など生き物が見えたときと、普段しない物音がしたとき位ですからね。

しつけは人間と犬の関係も大事

こうした犬に何かを教える際のしつけには、人間と犬の関係も重要です。

そもそも犬が飼い主のいうことを一切聞かないような、飼い主より自分が偉いんだ、自分がこの群れのリーダーなんだと思っているような状況では、何をしても犬は言うことは聞きません。

それどころか、逆らうことも多々あるようです。
自分がリーダーだと犬が思っているのなら、群れのルールは自分が決めるものだと思っているので、それに従わない飼い主に制裁を加えるわけです。

なので、犬との関係は非常に重要で、犬が飼い主を信頼し、飼い主といると楽しい、言うことを聞いてれば喜んでくれる、楽しいことをしてくれる。

そういう関係を作らなきゃいけないのです。
そのためにも普段から褒めたり遊んだりして関係をしっかり作り、日頃から飼い主のいうことをしっかり聞くように、おやつなどを使って飼い主を常に意識させるようにする。

ご飯も飼い主の指示で食べる、待てといえば待つ、遊び見夢中なときも飼い主の指示で止めることができる、そんな状態を常日頃から作っておかなきゃいけません。

飼い主がルールを決め、犬はそれを守る、これは普段からしっかり教えておかなければ、いきなりあれはダメ!と犬に教えても聞かないのです。

人間の子供と一緒で、普段から自由奔放に何でも好きにさせていると、いざ何かあってもいうことはきかないし駄々もこねる、イタズラはするということになると思います。

でも、普段からマナーやルールを教えていると、ダメといえばそれを理解し、イタズラもしないでしょう。

子供も犬も一緒で、普段の生活の仕方や関係性が非常に重要です。
ここがベースになる部分で、これができて初めてダメ!という叱るということも効果が出てくるのだと思います。

コスケは犬との信頼関係の作り方は、イヌバーシティというしつけ講座で学びました。
何かしらの方法で、犬との信頼関係の作り方や、しつけの仕方は学んだ方が良いのかなと思います。

以上、マルチーズのパンナは無駄吠えがあるというお話しと、その改善方法についてでした。

コメント